債務整理の特定調停って?

借金を返済できなくなってしまったが、可能であれば弁護士に頼んで法律的に解決したいと思う人も多くいます。しかし、債務整理の弁護士費用が捻出できないという方が行うのが裁判所の調停制度です。

これは債務者(借金の借り主)が簡易裁判所に直接願い出て未払いの借金を整理する方法なのです。

具体的に言うと、債務者が簡易裁判所に申し立てをし、債権者(借金の貸し主)と直接会い、話し合って今後の借金返済について取り決めをします。

sこれを「特定調停」といいます。債務者と債権者が、裁判所に調停役を依頼して借金(債務)を整理する方法のことです。

債務整理のために簡易裁判所が交渉の場を用意

特定調停では、裁判官と調停員による調停委員会が双方の意見調整をしてくれます。弁護士や司法書士などの法律の専門家の力に頼らず、法律にあまり詳しくない個人だけでも利用できます。

債務整理の手順や内容は

法定金利を超える利息の支払いがある場合には、法定金利に引き直して残債務を算定できます。

その際に、催促が止まります。債務整理の特定調停の効果は任意整理の場合とほぼ同じ効果が得られます。

金融業者とのやりとりは調停員が間に立って交渉してくれるので、その場で言い争いが発生しません。

どうして債務整理で特定調停を選ばない?

債務整理において、特定調停での調停成立割合が低いため、債務者はあまり利用しません。

そのため、弁護士に債務整理を依頼する場合、「任意整理」「民事再生」を利用することがあります。

サイト情報

当サイトは借金問題に関する解決法として
債務整理の情報を掲載しています。

借金をゼロにしたい

返済が難しい借金をゼロにして新しい人生を歩もう。

サイトの運営

個人で運営しており、随時更新しています。

参考

大学・官公庁